花柄ぼたもち

50代後半...とか言ってるうちに正式に”還”になっちゃいました。子供は成人して今は夫と柴犬(胡麻)と暮らす勤労主婦です。不定期更新の勝手な日記です💦万年初心者ですが英会話学習者です。

ビビり過ぎましたね(恥💦)

娘のPCR検査、めでたく陰性でした。 テレワーク主体で出勤日数も少なく、満員電車には乗らないし、外食もしない、習い事も早々に休止し、出かけるのは短時間のスーパーのみ…それでもこんなことに???と 100%思い込んでました。 心頭滅却!!って、…

多分おそらく

都内ひとり暮しの娘がPCR検査待ちです。そうなったら嫌だなぁ…が現実になってしまいました。かかりつけの病院が保健所に連絡、保健所から連絡があり、検査する病院と日時を月曜日に知らせるとのこと…だから検査は火曜日というのでもないらしいです。いつなん…

Unlimitedから

自分がいなくなるときのことは漠然とですがイメージすることはあります。 無味無臭の…医療保険のこととか、娘のこととか、 退職前であれば私のやってる仕事は誰がやってくれるんだろう?みたいなことはね。 万が一のときのために誰も知らない引き継ぎノート…

発根してね~

にわかに海外レベルな遠くに思えてきた東京。 娘は帰省させられないしこちらが会いに行くこともできないですしね。 コロナの、得体の知れないところ、いろんな面を試され続ける感じは不気味で非情なものがあります。 いろんなこと、収束するまでの我慢…って…

やっと会えたよ

去年から楽しみにしてた、ランボーが公開されました 初日に行きたかったのですが やむなく2日目 うきうきのひとりシネマ 予告もなるべく視界に入れないようにしてこの日の再会を待ってたんです 映画、というよりランボーとの再会を そして胸のすく戦いへの…

黄色いお花の

かねてから育ててみたいと思っていた、とある植物 特別珍しいものでもないのに園芸店やホムセンでどうしても出会えませんでした。 店頭にないわけではないんです。 だけど大きな穴を掘るのはもう無理、季節的にも体力的にも。 てことでリーズナブルでもある…

千秋楽おめでとう

不思議な不思議な千秋楽お通夜みたいな(ごめんなさ~い)力士退場のシーン、みんななんじゃこりゃとか思いながら歩いてるんじゃないかと思いました(笑) だけど15日間を無事に終えられて本当によかったと思います。途中中止にでもなったら番付どうなるんやろと…

銭湯は遠くなりにけり

独り暮らしの娘、住んでいるところの給湯器が壊れたとのことで…この3日間途中下車して銭湯、半濡れ髪すっぴんで乗車、帰宅していた(笑) 都会にはいろんな人いるんだし…ったってね。 仕事帰りの、それに初めて行く銭湯…そりゃお疲れ様だよ。同情はしたけど、…

傘修理も...

毎日途方もないウィルスの話 生活もいろいろ変わってるからストレスもなくはないけど ただただ自衛&ヒトサマに迷惑をかけることのないよう... 地味に暮らすだけだな、現状では コロナの影響のひとつなんだけど 最近靴修理のお店でとても困った話を聞いた。 …

高安関が心配

昨日の最後の取り組みでの高安関が心配です。 うつぶせで倒れたあと、私には泣き声のように聞こえました。 観客がいればかき消されたかもしれないけど。 うめき声にかわってからもずっとそのままの姿で放送が終わっていって 即救護にあたる人っていないこと…

マッサージに

異国式の某古式マッサージに行って来ました。 以前肩こりがひどかった頃お世話になっていましたが幸い改善したためごぶさたしてました。 その頃は私も初々しく(?)って4年前ね、職場の人間関係に揺さぶられまくっていました。当事者でもないのに聞けば同情…

お雛祭りにしんみりと

機械的に進めているVHSビデオのDVDダビング作業 先に進めないと困るのでなるべく内容は見ないようにしています。 でも昨日、20年以上前の娘の保育園の4年分の発表会、思わずチェックしてしまいました。 私は動画を録画する習慣も機材も持たなかった…

VHSテープの整理💦

さてさて3月です。3月は私の誕生日月です。かなり月の後半ですが…ついにキリのいい年齢になりま~す(笑)&(泣) 娘は自分の生活を確立していると思うので特別なことがなければあまり心配はしてないし、私の生活は会社勤めと夫婦2人分の家事労働だけなので気楽…

補聴器のおかげで

母の補聴器ができました。 因みに母は90歳です。 人生初の快適な補聴器のようです。 まだ装着時かなり手間取っていますが、「どうせ用事もないんだから」と言って練習しています。 これまでのように「や~めた!」とならないのは調整の繊細さによるもので…

母の耳

高齢の母はとても耳が悪い。正式なものでは1回、その他も含めたらもっと補聴器は試してきた。使用感がデリケートなものらしくしっくりこなければ放るしかない…高いのに… かれこれ10年くらい不自由なままだ。長い会話は無理だし、私との会話もたまたま聞き取…

楽に生きる

気がついたらこれまでと違う道を歩いている気がする。1本の道だと思ってたのがふと足元を見てそれに気づいたような。 誰かの自分とか自分の誰かとかがなくなった感じかな。 表現はなんだかさみしい感じたけどいい意味で【去った】に似てるかもしれない。 結…

運動もね

祝日だったので珍しく午前中のジムに行ってきました。運動は本来日中の方がいいんでしょうね。新品の体を使ってるというのか、体感的に違います。【体力維持、あわよくば向上】程度のモチベーションですが健康が一番の老後の節約ですからこれは大事だと思っ…

鍼治療再び

出勤したら「朝いちで勝手に予約したから絶対行ってきて~」と言われたので仕事を抜けて再び鍼に。 業務分担の改善よりそっちなんだよねとちょこっとフクザツなところもあったけど、わざわざ調べてくれたんだし治ればそれも考えなくてすむんだしということで…

このおそろは嬉しいのだ

年末娘が帰省したとき 「お正月のセールでKindle買おうと思ってね」うっそ~と驚いた。 ひとつには私が最近欲しいな~と思ってたという偶然。ふたつめは娘がそういうタイプじゃなかったから(笑) 中学時代携帯電話を持つことを断固拒否したし電子辞書は好み…

これは治ってないわ

病院行って2週間、鍼行って1週間…薬は効いてる気はしなかったけど最後まで飲んで昨日でなくなった。先生も、効かないの前提な言い方で…プラシーボの魔法もかけてくれなかった。私はそれ結構かかるタイプなのに(笑)違うか でも鍼治療でぐんとよくなったからこ…

今のうちに

昨秋なのですが 念願だったラオスのルアンパバーンというところに旅行しました。あ、行き先は日程や旅費、行きたくないところ、行ったことあるところ(ったって独身の頃だから今は全然違うことになってるでしょうけど)…から消去法で決めました。結構どこでも…

遅刻した!!

朝寝坊…って遅刻するほどの人生初かなどうかな、目覚まし時計やり過ごしたことはたぶんあるけど【もう絶対間に合わない】は初めてな気がする。寝る前飲む腱鞘炎のお薬、日中残るようなら言うように言われたけど、私にしては珍しく日中だるだるになることもな…

書こうと思ったら(笑)

久々に日記を書いてみようかな~とプロフィールや設定をチェックしていた矢先 腱鞘炎です~(´;ω;`)ウゥゥ PCでの事務作業や私生活で酷使しています。数年前も病院で“テニス肘の状態”と言われ、そのときは鍼灸マッサージのおじいさんに治してもらいました。 …

『私は使えん!』と思ったこと

朝や夕、特にまだ人の体を通っていない朝の空気などに、少しづつ秋の清潔な冷たさを感じます。小中学生の頃はこの季節が最も苦手、持病が悪化する季節で週に1日登校するかしないかの生活をしていました。それは秋が深まった別の機会に書くとして ひと月ほど…

秋場所終わりましたね

秋場所終わりました。炎鵬は9番勝ってこれだけ場所を盛り上げて、星数ではなくて11勝にも12勝にも匹敵するものとKじいさんも言ってましたね。たまにはまともな的確なこと言うんやと思いました。千秋楽だからでしょうね、全般にまともでしたわ。場所は長いし…

『貸出中』に思う

予約してあった本が返却されたとメールがあり、吹き始めた風と雨にもめげず図書館に行ってきました。2週間おきに金曜日の仕事終わり寄ることにしているので、連休前までに連絡がないか少し運試しな気持ちでした。そもそも新刊でもなんでもないその本がなんで…

届いても届かなくても

私は自分のためにはてなブログを活用しているので心のためにならないと思ったら読むのをやめたり書かなかったりします。日記ブログに限ってのことですけどね。 人にはいろんな側面があって心の置き所によってはなんだか刺さってしまうときもあります。なんと…

あっという間かも

お昼休みはワンパターンなお弁当を食べながらネットで新聞とはてなのチェック、英会話の予習したり本読んだりして過ごします。全部大急ぎ、容量オーバーですね。 不思議なんですけど、新聞の人生相談欄 何回かに1回はその時の自分にピッタリくるものに出会…

変わらないもの

高校時代の友達とお茶してきました。ブログは個人特定に影響しない程度にいろいろ書いて日記として活用できるものとなっています。書いててよかったな。この友達と前回会ったのは1月19日、(私の中では泣き笑いのような思い出ですが)今日と同じ喫茶店で過ごし…

私はいいのに…

こんな年になっても、時々飲み会に誘われることがあります。 同僚とか親しい友達や幼なじみからなら行きたければ行くし気が乗らなければ断るのも気楽なものですが、小中高の同級生の誰か達がノリで時間と場所を決めてしまい、その枝の端っこになぜか引っ掛か…