花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記を綴りたいと思っています。

ほんまでっかの先生ならわかるでしょうか


スポンサードリンク

お金が減っていく、しかも限りなく0円に近づいていく経験を繰り返した私がとても不思議に思うことがあります。

病気とか怪我とか緊急事態の激しい痛みとか はもちろん別なのですが
やっぱりお金の悩みというのは本当に最も人を痛めつけるものだと思います。
その押し寄せてくる苦しみ、事態は悪化していくのに自分にできることがないという状態のなかで、昨日より今がつらくて明日はもっとつらいはず、どんどんつらくなっていくはずなのに なぜか中休みのような 、 凪の時間のような、またはちょっと回復すらするような、そんな日がときに訪れるのです。
どうも上手く言えてる気はしませんが  その時が過ぎると仕切りなおしてまた落ち込みは始まりますが、 なぜか少し元気になるときがある、そんな感じを時々挟みながら私はその頃を生きていきました。
それは慣れというのとも違うんです、維持できるわけではありませんから、もとに現実にもどりますから。

神様だかご先祖だか、或いは私の脳内のなにかしら専門家なら知ってるかも知れないナントカホルモンみたいのが出てきておいおいちょっと休みなさい、みたいなことで助けてくれるんでしょうかね。
ほんまでっかの先生とかに教えてほしいです。

どん底な日々を振り返るのに少し疲れた今日はこんな感じのことを考えています。
いつもお読み下さりありがとうございます。

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。