花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記を綴りたいと思っています。

そのことを見続けない


スポンサードリンク

その日いただいたのは日中用の錠剤と夕食後と書かれた粉薬のシートでした。

私はお薬をもらうと必ずネットで調べる習慣があります。プラセーボ効果を感じやすいタイプなので調べて効能を知った方が効くのです。ですがその時はそれをしませんでした。する余裕がなかったからなのですがそれはそれでよかったと思います。調べなくてもそのお薬はよく効きました。

眠れるようになりました。夜眠れないというのはやることのある昼間よりずっと苦しくて、眠れない理由を突き詰めてしまう時間なのでそれが一番苦痛なことでしたがその時間がなくなったというのはありがたかったです。そのかわり日中もぼんやりとどこかアイデンティティを失って生きているような感じでしたが、このぼんやり頭でいいのかとも思いませんでした。おかげで少し休憩ができたのだと思います。

私は平穏な心さえあればいいいのだと思いました。この心をどうしようとかもう考えたくないと思いました。

その状態を脱しても家計の現状は当然悪化していったわけですが、そのことを見続けないということが少しできるようになったと思います。

素直に生きてきたかったのにととても悲しい気持ちになることもありますが、嫌なことに考えを向けず1秒でも明るい気持ちで生活するように意識するのは大事だと思っています。

 

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。