花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記を綴りたいと思っています。

支店長さんと話しました


スポンサードリンク

その日の仕事帰り、銀行の裏の入り口から支店長さんのお部屋に入れていただきました。

我が家の窮状を人様に聞いていただくのは後にも先にも初めてのことでした。
(このブログが2番目ですね)

夫の人格が問題を複雑にしていることはさておいて、夫の事業の利益がなくて家計が苦しい、何やら事業不振だ(だってわからないのですから)というような表現にはなりましたが、それもぼんやり含めての住宅ローンの支払い(だけではないですが)が厳しい、来年は娘の進学もあるというのにこのままだと生活自体が成り立たなくなるということをお話ししました。

この時は家計の問題を解決するのが先決でした。お金のことを客観的に見て意見を言って欲しい気持ちもありました。どうにかなるのかもうだめなのかも知りたかったです。必要な情報のない暗い部屋にひとりでいるような状態でしたので、外とつながれて少し息ができた気がしました。支店長さんは現代はもっと悲惨になことになっている経営者の方もいらっしゃることや息子さんが勉強嫌いで困る、志の高い娘さんには頑張って欲しいといった話を織り交ぜながら今後の策を提案して下さいました。営利企業の方ではありますが心情的なことを理解して下さるいい方でした。

幸い、私が借りていた住宅ローン(住公や県の促進基金など複数です)の引き落としの銀行であったことと支店は離れていますが夫が事業の借り入れをした銀行でもあったので状況を照合することになりました。

帰宅し夫に話すと喜びました。もはや自分が銀行に相談することもプライドが許さなかったのでしょう。きっかけを作ったことで感謝されました。そんな時は耳を貸すのです。嫌になります。

 

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場