花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記、趣味で始めたオンライン英会話のことなども綴りたいと思います。

新婚生活と不幸な気持ち


スポンサードリンク

こんな思いをするのは自分だけだ、と悲観的に思うことは何度かある中で私が結婚した頃の思いと酷似した思いの若い人に出くわしました。その人に意見も経験も言える立場にはありませんが、その苦しみは手に取るようにわかります。

結婚当初から「もう嫌もう無理!」とそれまでの人生のうちのどこでもいい、一番つらかったときだっていい、今じゃない場所に戻りたい!この気持ちで生きていくのはあまりにも先が長すぎる、といたたまれない思いでどうにかなりそうだったことを思い出しました。

その不安は後に大きな現実となって降りかかってきました。人の意見も気持ちすらも考えない、自分だけの考えで押し進む、巻き込まれる人間を物心両面で全くフォローしない、そんな夫の最大の欠点は当初から見え隠れしていました。

結婚前から感じていた違和感をおして結婚したものの、思った以上に処理が困難なことだったというか。結局、引き返せないのだ、という思い込みで結婚生活を続けて、結果厳しい人生をおくることになっています。

今の自分ならそのときの自分に、その予感は当たっているから辛くても決断した方が絶対いいと説得したいです。

結婚してから私のような気持ちを抱く人は結構いるのかもしれません。

その時期を過ぎてそれなりに幸せになれる人もいるでしょう。その方が多いのかもしれません。

新婚生活と逃げ場のないような不幸な気持ちの共存、それだけでかなり不幸せな経験です。短くてもいいから幸せな新婚生活を送ってみたかったです。