花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記、趣味で始めたオンライン英会話のことなども綴りたいと思います。

私の老眼に光明?


スポンサードリンク

中学生くらいから近眼です。

どんどん悪くなり現在裸眼では0.1を大きく下回っています。

中学時代から長い間コンタクトを使っていました。

アレルギー持ちだし痒みがひどい時もあったのに、眼鏡でこれ以上美観(もともとあるわけではないですが...笑)を損ないたくなかったからかわかりませんが、外出時はコンタクトという決めつけから、経費のかかることを長く続けていました。

つけていると老眼鏡をかけないと手元が見えづらくなった40代後半頃から、眼鏡だけの生活にしました。

つけたりはずしたりの手間がなくなって大きな解放感を感じたものです。コンタクトにこだわる何がそこにあったというのかと思いました。

ときは流れて50代後半の今、運転用と室内用に分けて使っている眼鏡、室内用、仕事時に使っている眼鏡がよく見えない~。文字を書くときとパソコンを見るとき、その時々で見え方が違う。眼鏡をかけたりはずしたり、来客時には例の老人特有の眼鏡越しの上目遣いをしてみたり...新調したのはそんなに前でもないというのに。近眼の老眼はややこしいです。疲れ目なのかもしれませんが。

そんな昨日のこと、最近よくTVで目にして気になってていたナントカルーペを試す機会がありました。裸眼では真っ白けで何も見えない。私には使えたもんじゃあないな、残念、と思ったところで、念のため眼鏡の上に2重にかけてみたところ   手元とパソコンが同じようにきれいに見えるじゃないですか!!仕事はかどりそう~感動~

仕事の能率が落ちたのは目の老化によるもので、もしも道具で補えるものなら...なんで私ばっかり忙しいのよ~!!のストレスがなくなるのではないかと本気で思うのですが。
問題は ナントカルーペ on 眼鏡 が世の中に通用しなさそうなことです。おばさんの開き直りにも限度がありますからね。でもあのクリアな視界、捨てがたいです。

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場