花柄ぼたもち

50代の主婦、会社員です。結婚早々脱サラして起業した主人は20数年何一つ成功することなく 今に至り、厳しい生活を余儀なくされています。明るく正直な日記、趣味で始めたオンライン英会話のことなども綴りたいと思います。

夫に転職をすすめてみました


スポンサードリンク

ネットのアルバイトや転職サイトを時々のぞいています。

60前の夫の夜勤生活には本当に不安を感じているので、多少(なら)収入は減ってもなんとか日勤で長期で働ける仕事につけないかと思っています。

夫も自分の会社の経営に四苦八苦していた頃はとても高いプライドを持っていましたが、今の工場で働けるということはブルーカラーへの抵抗感は薄くなったのではないかとは思っています。

こちら側の業種の選択肢は増えたところで向こう側からすればシニアに近い年齢の人間を雇うメリットなどない、そう考えると空恐ろしくなります。

先日の自損事故と、実は昨年相手もある事故(100%こちらに責任があるもの)を起こしていて、車両保険は充分に入っていましたが行政処分に加えて刑事処分もある事故なので少なくはないお金を払うことになりました。軽症とはいえ相手の方にも痛い思いをさせてしまい申し訳なかったです。このことではここで書くのも嫌なくらいの精神的金銭的痛手を受けました。私のもらったボーナスがまるまる飛んでいき何のために働いているのかと情けなくてたまりませんでした。

したくてしたわけじゃない、それまで事故とは無縁でした。原因は慢性的な睡眠不足による不注意だとはっきり思うので生活を改善したいと思いますが現状では術がありません。

ですがこのままではもっと大きな事故を起こすかもしれません。被害者のあるような事故を起こしたら気持ち的にも耐えられる自信がありません。また大切な蓄えをそんなことにもう使いたくありません。

昨日、とある求人を見つけおそるおそる夫に見せました。

賃金は安いですが日勤、高齢者と言われる年まで働けるような内容でした。

今の生活は厳しくなりますが、健康で長く働けるということが我が家では最優先です。

働き続けることができるなら、生活はしていけますから。

夫が難色を示すかと思いましたが意外と受け入れました。それほど自身も不安を感じているのだと思います。 

4週間で血圧がおだやかになる【ヘルケア】