花柄ぼたもち

50代後半の働く主婦です。子供は成人して今は夫と柴犬(胡麻)と暮らしています。解決できない問題がたまに見え隠れするかもしれませんが…基本普通の人の個人的な日記です。万年初心者ですが英会話学習者です。

オンライン英会話、別れは避けられないけど😭


スポンサードリンク

週3日オンライン英会話を受講しています。

私の受けているダイレクトメソッドというレッスン方法は講師による質問が2回繰り返され、間髪入れずになめらかに答えることが要求されます。できるまで何度でも繰り返します。ハードなようですが講師は訓練されてもいますし一様に辛抱強いのでお互いに笑顔でいられます。テキストは送料などを含めると1冊4000円くらいなので安くはないのですが付属のCDも使用価値が大きいのでコスパとしてはまずまずだと思います。レッスン代の方も単価の安い講師を優先して探すので総合的にリーズナブルだと言えます。

テキストに基づいて進みますがレッスン中はテキストは使いません。ほばテキストどおりにレッスンは進みますが、自然と内容に則した雑談になることもありますがすぐに戻ります。フリートークのスクールの頃は同じ話題や表現を繰り返すことが多かったので上達はあまりできなかった気はしますが英語を話す人と話すことに慣れることはできたと思います。バリバリのミドル世代の私には少しだけ厳しめくらいの今のメソッドが心地よいのです。

 

オンライン英会話あるあるではありますが講師の子とのお別れは結構あります。何人かお気に入りで受講していてもお別れを言う機会もなく一覧から消えてしまっているのを発見すると本当にさみしい気持ちになります。

そして金曜の夜のレッスンの終わりに、

講師の子が「あなたとのレッスンは今日が最後です。」と。

私が2番目に優先して受講していた子です。

レッスン中に「いつから自分を知ってますか?」という構文から脱線して

 「いつだっけ」

「すごく前から知ってる気がする」

「そうそう」

とか

「土日は仕事も休みだし受講しないから完全オフなの」

みたいな会話をしたとこでした。

今日は彼女の最終日で、土日受講しない私と会うことはないのでお別れを言ってくれたのです。

2回聞き直したのに聞き取れなくて😭悲しいけど勉強して〇〇ティーチャーの試験に合格したので転職をすると言っていました。「おめでとう!成功を祈ってるよ」と言ったら本当に嬉しそうだったので価値の高い仕事なのだと思います。

私自身30代の後半で仕事と育児をしながら宅建資格(使ったことはありませんが)を取った経験があり社会に出てから勉強の時間を確保する大変さはとてもわかります。拘束時間の長い講師の仕事をしながら頑張っていたんだと思うと努力が実った事を祝福したいと思いました。

おめでとうと言いながらもどうにもお別れがさみしくてお互いに涙ぐみながらなかなかビデオをオフにできませんでした。

終わりが来るのは避けられないけど、直接会ったこともなく2度と会えなくなる異国の人と心を通わせられるのはオンライン英会話の醍醐味の1つかもしれません。

 でもさみしいよ~。