花柄ぼたもち

50代後半の働く主婦です。子供は成人して今は夫と柴犬(胡麻)と暮らしています。解決できない問題がたまに見え隠れするかもしれませんが…基本普通の人の個人的な日記です。万年初心者ですが英会話学習者です。

柴子の受難は続いて


スポンサードリンク

病気知らずで家計に優しいうちの柴子でしたが

初の下〇ピー、しかも祭りになってしまいました。

 

自分のテリトリーでは絶対ご用を足さないたちなので

何があってもお散歩は欠かせないのですが

クンクン鳴くので見に行くと切羽詰まった様子で「外へ行きたい!!」と目で訴えます。

「わかった!でもちょっとなんか羽織るから待って....ごめんやけど待って...ほんっとごめん」

大急ぎで支度して外に飛び出し、ゼイゼイ言って走る柴子にひっぱられて闇の中を走り、自宅から可能な限り離れて〇〇〇、場所を変えて数か所。

これがほんとかわいそうで。

 

ほぼ3時間おきに波が来たのですが、

鳴く前から気配を感じて目を覚まし見に行くと...ドアのそばで外に出たいという所作。

何かに似ている...遥か昔の授乳の気配に似ていて...例えが悪いですね...

でも、訴える前に何かわかる...って

思っていたよりかなり私は柴子に愛があるみたいです。

夜中なんて普通じゃ怖くて外なんて出られないですし。

 

休みだった夫が病院に連れて行きました。

感染症などもなく、お薬を飲んだら快方に向かっています。

 

GWに長く預けられたストレスかもしれません。

だったらごめんなさいです。

昨日の夜はGWの時並みに爆睡してましたが、

さすがに私も夕食後、日付が替わる頃までうたた寝してしまいました。