花柄ぼたもち

50代後半の働く主婦です。子供は成人して今は夫と柴犬(胡麻)と暮らしています。解決できない問題がたまに見え隠れするかもしれませんが…基本普通の人の個人的な日記です。万年初心者ですが英会話学習者です。

電動ハンマーなるものを操ることになった普通のおばさんのことを書きたい⑥


スポンサードリンク

 電動ハンマー作業ホントにホントに大変でした()

 持ち上げるだけでも重いのに作動させたら支えるだけでもきつかったです~。

 

工具を貸してくれた人に嫌な思いをさせるわけにいかないし、もちろんやりたくてやってることとです、怪我なんかしたら目も当てられません。熱中症も然りで。

  

あ、撤去した花壇のサイズですがL字型でブロック長辺11個、短辺2個くらい。結局分解せずに基礎もろとも破壊したので正式にはわかりませんけど。

 

端っこから順番に、と思ったけど、思うように破壊できない箇所に当たると煮詰まって見るのも嫌になって場所を変えるを繰り返すこと4時間フフフ、実に思ったよりは短い時間で破壊できました。

 

いかにも腰に悪そうだったので草ひき用の椅子に座ったり、とにかく体に負担をかけないことは心掛けました。

 

にしても、どんな怪力おばさんよ~()

 

 私のモチベーションですが

 

ランボーをご存じですか?お忘れでしょうか。

 80年代大ヒットした映画です。

 実に私は映画はあのシリーズだけでいいと思うくらいいつまでもランボーが好きで

 会社の机の引き出しにも何かの時のために(どんな?)DVDを置いているくらいのしつこいファンなんですね。ピュアな正義感とか戦場での優秀さとか、何と言ってもその孤高な佇まいがたまらなく素敵なわけですが

 

作業を始めて早々に私の中にランボーが現れまして、私は彼と共に戦ってしまいました💛ランボーのマシンガンのごとく電動ハンマーを操る私の頭の中には♪チャラッチャー♪(誰にわかるというんだ、ま、いいか)が流れていました。脳内の私はちょっとかっこよかったです。リアルでは誰にも見られたくはなかったけど。

 

余談中の余談ですが、その後久々にDVDを観ていたらランボーⅡの冒頭、刑務所での労働をするランボー、砕石場でハンマーで石を割る作業をしてました()その後ろには電動ハンマー(大きいタイプ)を扱う囚人もいました。それだけで何か嬉しかったです💛ハンマー作業やってよかったな。2度とやりたくないけど。

 

 to be continued